リングをつけた手のカップル

彼女の好みで選ぶ

マリッジリング

婚約指輪を渡すシーン

婚約指輪を渡すシーンは、プロポーズと同時にというパターンとプロポーズした後に一緒に買いに行くというシーンに二分されます。 最近の婚約指輪の相場は、20万〜30万の価格帯のものを贈る人が一番多いようです。 それを念頭に入れた上で、プロポーズと同時に渡すのであれば、先に買っておかなければなりませんし、プロポーズ後に一緒に選ぶのであれば、彼女の好みを聞いた上で好みのものを買うことが出来ます。 プロポーズと一緒に渡されるサプライズ性はとても人気がありますが、彼女の指輪のサイズを知っていないといけないという難関があります。 また、せっかく贈ったものを喜んで貰う為には、好みをさりげなくリサーチしておくことも必要になります。

相場は気にしなくて大丈夫

最近の婚約指輪の相場は、カップルによって購入する婚約指輪の価格帯も幅広くなっています。 そのカップル毎の様々な事情もあり、一概に高いものを贈っておけば間違い無し、という訳ではなさそうです。 値段相場と彼女の満足度は比例しない、とも言われています。 値段が安いから満足して貰えない、というものではありません。 むしろ、彼が選んでプレゼントしてくれた、という気持ちや行為に対して女性は嬉しいと感じることが多いようです。 そういう意味では、相場というのはあまり気にしなくて良いのかもしれません。 値段がいくらであっても、彼女が喜んでくれるということが一番大切なことです。 つきあっているうちに彼女がどんなものを好むかは自然と分かってくるでしょうし、こんなのが似合うのではないかな、と考えて選んであげても素敵ですね。

Menu

このエントリーをはてなブックマークに追加